goreのインストール

goreとは、対話形式でGo言語を実行するためのツールです。

1. 環境変数GOPATHの設定
ここでは、ホームディレクトリ直下のgoディレクトリをGOPATHに設定する。
場所はどこでも構わない。

export GOPATH=$HOME/go

2. goreのインストール

$ go get github.com/motemen/gore

3. $GOPATHディレクトリにbin、srcというディレクトリが作成され、goreがインストールされる。

4. ちゃんとインストールされたか確認する。

$ $GOPATH/bin/gore -autoimport
gore version 0.3.0  :help for help
gore>

おまけツールのインストール

$ go get github.com/nsf/gocode コード入力補完
$ go get github.com/k0kubun/pp 出力ハイライト
$ go get golang.org/x/tools/cmd/godoc APIドキュメントの参照
$ go get github.com/motemen/ghq $GOPATHディレクトリの管理が便利になるらしい

※godocは、/usr/local/go/binにもインストールされているが、$GOPATHにもインストールしておいた。