pytestコマンドのオプション

オプション 効果
--collect-only 実行されるテストを表示する。
--last-faild/--lf 失敗したテストだけ再実行する。
--failed-first/--ff 最後に失敗したテストを実行した後、残りのテストを実行する。
-k 式 実行するテストをフィルタリングする。
-x テストが失敗したら終了する
--tb=no テスト失敗時のトレースバックをオフにする。
--maxfail=n n個のテストが失敗したらテストを中止する。
-s/--capture-no print関数の出力を標準出力に書き出す。
-l/--showlocals テストが失敗した時に、そのテストのローカル変数を表示する。
-v/--verbose テスト情報を増やす。
-q/--quiet テスト情報を減らす。
--durations=N 最も時間がかかったN個のテスト(セットアップ/ティアダウン)を表示する。N=0の場合は、時間のかかったものからジュンにすべてのテストを表示する。
--version pytestのバージョンとインストールされているディレクトリを表示する。