CentOS 7にRuby 2.6.3をソースインストールする

■ヘッダーファイルのインストール

$ sudo yum -y install readline-devel openssl-devel

zlibのインストール

$ wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.11.tar.gz
$ tar xvzf zlib-1.2.11.tar.gz
$ cd zlib-1.2.11
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ sudo make install

LibYAMLのインストール

$ wget http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.2.2.tar.gz
$ tar xvzf yaml-0.2.2.tar.gz
$ cd yaml-0.2.2
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

Rubyのインストール

$ wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.3.tar.gz
$ tar xvzf ruby-2.6.3.tar.gz
$ cd ruby-2.6.3
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

今までは、以上のやり方でインストールできていたのだが、いつの間にかできなくなっていました。
私の環境で実行すると、make installでエラーになります。
エラーメッセージを読む限りでは、gccコマンドに不適切なオプションを指定しているらしい。
古いバージョンのRubyをインストールしても同じようになるので、gccのバージョンを上げたことが原因かもしれません。

解決策を模索している中で、gccの最新版(8.3.0)がリリースされていることを知りました。
コンパイルエラーに関する不具合が修正されているそうなので、gcc 8.3.0でコンパイルすればエラーは消えるかもしれません。

というわけで、gcc 8.3.0をインストールしてみることにします。

»CentOS 7にgcc 8.3.0をインストールする

gcc 8.3.0で再度ビルドしてみたところ、上手くいきました。 🙂