rbenvでRubyをインストールする

CentOS 7にRubyを直接ソースインストールすると、make installでエラーが発生。
Ubuntu 16.04だと、makeでエラー。
パトラッシュ、ぼくはもう疲れたよ。

だんだんめんどくさくなってきたので、今まで試したことがないrbenvを使ってRubyをインストールしてみることにしました。
うまくいけばいいなあ。

結論。
Ubuntu 16.04にはインストールできました。
CentOS 7にもインストールできました。

インストール手順

rbenvのインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

~/.bashrcに以下の内容を追加する。

export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"

.bashrcの内容を反映する。

$ source ~/.bashrc

ruby-buildのインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

インストール可能なRubyのバージョンを調べる。

$ rbenv install --list

バージョンを指定してRubyのインストール

$ rbenv install -v 2.6.3

インストールされているRubyのバージョンを表示する。

$ rbenv versions

システム全体のRubyのバージョンを指定する。

$ rbenv global 2.6.3

カレントディレクトリのRubyのバージョンを指定する。

$ rbenv local 2.6.3

後で清書します。
詳細は参考記事のサイトをご覧ください。
詳しく書かれています。

トラブルシューティング

CentOS 7にインストールするとエラーが出る。
エラーログの内容

libyaml-0.so.2: cannot open sh     ared object file: No such file or directory

make: *** [do-install-all] エラー 1

(解決策)
パッケージをインストールする。

$ sudo yum -y install libyaml-devel

参考記事

超便利!rbenvを使ってLinuxにRubyをインストールしよう!