VirtualBoxとUbuntu Server 18.04で共有フォルダを設定する

Ubuntu Server 18.04インストール直後からの作業手順をメモっておきます。

[作業手順]

コンパイラのインストール

$ sudo apt-get -y install build-essential

Guest Additionsのインストール

メニューバーからデバイスGuest Additions CDイメージの挿入…を実行する。

以下のコマンドを入力する。

$ mkdir cdrom
$ sudo mount /dev/sr0 cdrom
[sudo] password for plang: 
mount: /home/plang/cdrom: WARNING: device write-protected, mounted read-only.
$ cd cdrom
$ sudo ./VBoxLinuxAdditions.run

共有フォルダの設定

メニューバーからデバイス共有フォルダー共有フォルダー設定…を実行する。

右端のフォルダアイコンをクリックする。

共有フォルダを追加する。

※『読み込み専用』にチェックを入れておけば、ゲストOS側での操作ミスなどでホストOSのファイルが削除するのを防ぐことができる。

自分のアカウントをvboxsfグループに追加する。

$ sudo gpasswd --add ユーザー名 vboxsf

いったんログアウトしてから再度ログインすると、共有ディレクトリにアクセスできるようになる。

ー追記ー
Ubuntu 18.04Desktopだと、再ログインでは共有ディレクトリにアクセスできなかった。
しょうがないので再起動したところ、アクセスできるようになった。
何がダメなのかは不明。

参考サイト

VirtualBox:Ubuntu16の共有フォルダ設定