pipenvによる仮想環境の構築

これまでPythonでプログラミングをする時は、venvを使っていたのですが、

$ mkdir myprog
$ cd myprog
$ python3 -m venv venv

pipenvの方が色々と面倒を見てくれるらしいので、使ってみることにしました。

まずは、システム自体にpipenvをインストールします。

$ sudo pip3 install pipenv

プログラミングディレクトリを作成して、仮想環境を構築します。

$ mkdir myprog
$ cd myprog ※仮想環境を構築するディレクトリに移動する
$ pipenv --three

仮想環境を有効化します。

$ pipenv shell

pythonコマンドやpipコマンドがどこにあるか調べてみます。

$ which python
/home/pgen/.local/share/virtualenvs/zero_flask-e-Owz7KD/bin/python
$ which pip
/home/pgen/.local/share/virtualenvs/zero_flask-e-Owz7KD/bin/pip

virtualenvやvenvと違って、ホームディレクトリの.localの下にまとめて作られるみたいです。