Ubuntu 18.04にJenkinsをインストールする

インストール

$ sudo apt -y install openjdk-8-jre-headless
$ wget -q -O - https://pkg.jenkins.io/debian/jenkins.io.key | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list'
$sudo apt -y update
$sudo apt -y install jenkins

※Jenkinsは、Java8でないと動かないらしい。

Jenkinsの起動

$ sudo systemctl start jenkins

状態を表示する。

$ sudo sytemctl start jenkins 
● jenkins.service - LSB: Start Jenkins at boot time
   Loaded: loaded (/etc/init.d/jenkins; generated)
   Active: active (exited) since Wed 2019-02-20 23:23:02 UTC; 31min ago
     Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
    Tasks: 0 (limit: 1110)
   CGroup: /system.slice/jenkins.service

active (exited)が表示されていれば、Jenkinsは動いている。

Jenkinsにアクセスする

ブラウザでhttp://localhost:8080/アクセスする。

最初の一歩は、以下のサイトが詳しい。
»とにかく初歩的なJenkinsの使い方

参考サイト

How To Install Jenkins on Ubuntu 18.04