Ubuntu 18.04サーバーにRubyをインストール

Ubuntu 18.04サーバーにRuby 2.5.4をインストールしたときのメモです。
Ruby on Railsのインストールを見据えているので、Ruby単体には必要のないソフトもインストールしています。
たぶん、Ubuntu 18.04デスクトップでも同じ方法でインストールできると思います。

インストールの前準備

ヘッダーファイルのインストール。

$ sudo apt-get -y install libreadline6-dev libssl-dev libffi-dev

zlibの最新版のURLを確認しインストールする。

$ wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.11.tar.gz
$ tar xvzf zlib-1.2.11.tar.gz
$ cd zlib-1.2.11
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ sudo make install

LibYAMLの最新版のURLを確認し、インストールする。

$ wget http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.2.1.tar.gz
$ tar xvzf yaml-0.2.1.tar.gz
$ cd yaml-0.2.1
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

Rubyのコンパイル&インストール

Rubyの最新版のURLを確認し、インストールする。

$ wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.2.tar.gz
$ tar xvzf ruby-2.6.2.tar.gz
$ cd ruby-2.6.2
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

ちゃんとインストールできたか確認。

$ which ruby
/usr/local/bin/ruby
$ ruby -v
ruby 2.6.2p47 (2019-03-13 revision 67232) [x86_64-linux]

よし、成功。