Ubuntu 18.04 ufwコマンドでファイアーウォールを設定する

$ sudo ufw default deny (全ポートを禁止する)
$ sudo ufw allow 22 (ポートの許可)
$ sudo ufw allow 80 (ポートの許可)
$ sudo ufw enable (ファイアーウォールの有効化)
$ sudo ufw status (ファイアーウォールの状態を見る)
Status: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
80                         DENY        Anywhere                  
22                         ALLOW       Anywhere                  
80 (v6)                    DENY        Anywhere (v6)             
22 (v6)                    ALLOW       Anywhere (v6)             
$ sudo ufw reload (動作中のファイアーウォールの設定を変更する)

ファイアーウォールが動作中の状態でufw allow/denyを実行しても、ufw reloadを実行しなければ設定は変わらないはずだが、なぜかufw allow/denyコマンドを実行した直後に設定が変わってしまう。Why?