仮想端末ソフト screenコマンドの使い方

これまで仮想端末ソフトにはtmuxを使ってたんですが、screenしか使えないサーバーを管理することになってしまったので、よく使うコマンドの使い方をメモっておきます。

screenコマンド起動時

コマンド 意味 備考
screen 新たなセッションを作る
screen -ls セッションの一覧表示
screen -r アタッチする 複数のセッションがある場合は、screnn-lsで表示されたIDを指定する

screenセッション内

コマンド 意味 備考
Ctrl+a d セッションのデタッチ
Ctrl+a S スクリーンを横分割
Ctrl+a | スクリーンをタテ分割
Ctrl+a Tab 分割領域の移動
Ctrl+a c 新たな端末を作る 端末が作られていない領域で実行する。すでに端末が作られている領域で実行すると、複数の端末が1つの領域に接続された状態になる。

参考記事

Linux screenコマンド使い方